看護師が面接の時に質問されやすい内容は?転職前に確認!

もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。
CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、細心の注意を払ってほしいところです。
もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。
また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。
自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。
必ず適度な休憩を取るようにします。
希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのは面接といえます。
面接の時に、看護師が聞かれやすい質問は以前の勤務先での仕事の内容、辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、看護観などです。
特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるようにきちんと考えておきましょう。
看護師が活躍できる場所は、病院以外にもあります。
どういったところかというと、グループホームという介護施設です。
こういったところでも特に私達看護師は重宝されているのです。
グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。
介護の分野に関心があるという私達看護師は、グループホームへ勤務することも前向きに考えていいのではないでしょうか。

看護師は他職種に転職可能?介護福祉士へ転職【仕事内容は?】