カードローンキャッシングのリスクは高すぎ?

ひとむかし前までは借りるのに気後れしがちなカードローンでしたが、最近はコンビニの銀行ATMを使えば年中無休で借りることができて、利用しやすくなりました。
銀行ATMと書いてあっても、ローンATMとは書いてないですからね。
「今、お金借りてます」的な不自然さがないところが利用者にとっては嬉しいところです。
みずほ銀行カードローンの金利は、金利年3.
5%~14.
0%ととても低金利で借入限度額最大1000万円となっていますのでとても人気です。
ただ、お財布に入れてしまうと自分のお金と区別がつかないので、当初に予定していたより借入額が増えてしまいがちなのがある意味キケンかと思いますが、それは自分が使ったお金に間違いないし、しっかり返していかなければなりません。
キャッシングはカードを使用してするのがほとんどですが、このごろ、カードを持たなくても、キャッシングを使用できます。
ネットによりキャッシングの利用申込をすると、銀行振り込みしてもらえるのです。
カードがなくして慌てる心配がありませんし、素早くキャッシングが可能でしょう。
キャッシングのリボ払いは返済しやすい方法ですが、その反面、リスクも高くなります。
そのリスクは、毎月リボ払いで支払うお金に利子が増えてしまうことです。
一括で返済する場合なら利子は一ヶ月分だけになりまうが、リボ払いは毎月利子が発生します。
とはいえ、リボ払いは、月々の支払い額が少ないので、返済しやすい方法です。