引っ越しがきっかけで?

引っ越しがきっかけでフレッツ光の契約をやめた時に用心しておくことがあります。
土地付き一戸建ての賃貸の場合、インターネットを使用するために工事により利用できる状態にした回線をどれほどなら残しても問題は無いのかチェックがされていないといけません。
それが起きたことによって撤去料金に差が出てくるからです。
フレッツサービスをクーリングオフしたい場合には、契約の内容が書いてある書面を受け取った日から9日目になる前までは書類を用いることで無条件に申込みを無かったことにすることができます。
光乗り換える時には、自分が暮らしている地域が光回線を使うことが出来るエリアなのか真っ先に調べる必要があります。
フレッツの強引な勧誘は問題になっており、クーリングオフをしたいという方も少ないとは言えません。
クーリングオフができない際には、解約金を支払ったとしても解約しようと思う人もいます。
クレームがフレッツには多数寄せられてきており、その一つに加入して一ヶ月後くらいに、突然ネットに接続できなくなる事例がございます。
このケースの場合、間違いが初期設定にあることがわかって、無事に使えるようになったそうですが、そんなクレームは毎日のように寄せられているそうです。
フレッツの通信速度が遅くなる原因として、まず考え付くのは、ちょっとした時間だけネットワークが混んでいたり、開こうとしているサイトへのアクセスが集中しているといったことでしょう。
そんなわけで、少しの間だけ遅いだけなら、ある程度待っていると改善する場合もあります。